奈良県臓器バンク

臓器提供意思表示の普及啓発活動、臓器移植を希望される方のお手伝いをおこなっています。

奈良県臓器バンク

ホーム ≫

奈良県臓器バンクからのお知らせ

奈良県臓器バンクとは

奈良県臓器バンクとは ハーティ

奈良県臓器バンクは、奈良県民の皆さまに臓器移植医療を知ってもらい、理解・協力を求めて活動している団体です。
臓器提供意思表示カードを配布するイベントを開催したり、臓器移植を受けたい方の登録のお手伝いをしたりしています。
そして、県内の病院で、「臓器提供したい」という方がいらっしゃれば、臓器移植コーディネーターがその意思を汲めるように、移植を待っている人への橋渡し役をします。

臓器移植とは

アウェアネス・リボン3

臓器移植とは、重い病気や事故などにより臓器の機能が低下した人に、他者の健康な臓器と取り替えて機能を回復させる医療です。第三者の善意による臓器の提供がなければ成り立ちません。
健康な家族からの肺・肝臓・腎臓などの部分提供を生体移植、脳死の人からの臓器提供を脳死臓器移植、心臓が停止した人からの臓器提供を心停止後臓器移植といいます。
臓器移植についてはこちら

臓器移植の意思表示について

臓器移植の意思表示について

臓器提供の意思表示は、「臓器を提供する」という意思だけでなく、「臓器を提供しない」という意思も表示できるようになっており、どちらの意思も尊重されます。また、臓器を提供しないという意思表示がある場合には、本人の意思が尊重されるため、家族が提供を希望しても提供されることはありません。
意思表示についてはこちら

腎臓移植について

臓器移植について

腎臓移植は、ほかの人の腎臓を体の中に移植することで、腎臓の働きを回復させる治療法です。脳死・心停止された方から腎臓提供される献腎移植と、親族から腎臓提供される生体腎移植の2つの方法があります。
2017年12月現在、全国では約12,400人の方が献腎移植を希望し登録しているのに対して(奈良県内では、約150名の方が登録されています。)、2017年の腎臓移植件数は198件でした。献腎移植を受けられた方の平均待機期間(登録日から移植日までの期間)は5,340日(2016年12月現在)となっています。
臓器移植についてはこちら

施設案内

施設名 奈良県臓器バンク
所在地 〒634-8521
奈良県橿原市四条町840番地 奈良県立医科大学内
電話番号・FAX番号 0744-25-3883

アクセス